Cellpack社の終端接続材ラインアップ

 Cellpack社のケーブル終端接続材は6kVから最大36kVまでのラインアップがあります。

 IEC規格で制定された、その主たる工法は、歴史と実績がある熱収縮工法と、極限まで
 施工性を高めたシリコンスリップオン工法の2種類に分類されます。
 そして端子部分は各国の独自端子への対応工法と、スクリュー端子工法の2種類が選択できます。
 スクリュー端子は、銅アルミ導体兼用、サイズ共用、圧縮工具を不要とした最先端の工法であり
 それを導入することで享受できる、施工時間低減、在庫種類低減、長い保管期間、工具管理不要
 など、今の電気工事を根底から改善し、日本をより高度な社会に導くものと確信いたします。


シリコンスリップオン終端接続材のメリット

●製品保管期間は無期限

●6~36kVまで幅広いラインナップがある

●現場で広げる常温収縮方式

●チューブコア切れの心配がない

●テープ処理は極限まで削減

●コンパクトな仕上り寸法

●ケーブルサイズ共用で在庫保管が楽

●撥水性がある

●高い絶縁性能

 

 

熱収縮終端接続材のメリット

●製品保管期間は無期限

●6~36kVまでのラインナップ

●太径ケーブルへの対応

●長い歴史と実績

●コスト面で優秀

●ケーブルサイズ共用で運用メリット

 

 

 

端末各種情報へのリンク