IP規格・防水保護構造及び保護等級

 

IEC(InterNational Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)規格、IEC144、IEC529およびDIN40 050は、機器の保護構造について防塵・防水性を等級に分類し、そのテスト方法を規程しています。これに基づくIP表示は、世界各国で使用されています。日本では、日本工業規格及び社団法人・日本電機工業会がIEC529に準拠してIP表を規格化しています。(JIS C 0920-1993 & JEM1030-1983)。(JIS C 0920-1993 & JEM1030-1983)

Cellpack社のIP68はIEC規格及びDIN規格に基づく表記となります。
IPとはIngress Protection いわゆる液体や粉塵が入り込むことからの保護を意味します。

 

IP68は、第1記号6が完全な防塵構造(粉塵の侵入が完全に防護されて)おり、第2記号8が水面下での使用が可能、という保護等級であることをあらわすものです。